ママチャリ自転車保険

ママチャリでの事故と自転車保険

ママチャリは案外危険な乗り物

イクママやイクメンの代名詞ともいえるママチャリに子供を乗せてお出かけなんていう光景を街中で目にすることがあります。しかし気を付けていなければ、子供が前か後ろ、場合によっては両方に乗せているわけですからバランスを崩しやすく、事故を起こしやすいのも当然です。

ですから万が一の事故に備えて定期的なメンテナンスや保険の加入はとても大切です。自転車保険の検討をするのにぴったりなサイトはこちらです。

子供を乗せた自転車、いわゆるママチャリによる事故も多発しているわけですが、実際にどのような事故が起こっているのでしょうか?

■転倒事故。
子供を乗せた自転車で圧倒的に多いのがこの転倒事故です。前か後ろに子供を乗せ、自転車を停車させようとしたときに自転車のハンドルが回ってしまうことが原因です。そのまま自転車がバランスを失い、子供ごと自転車が転倒するなどのケースがあります。
また走行中に道端の歩行者を避けようとしてバランスを崩し転倒するケースや、小さな段差を乗り越えることができなくて転倒するケースも報告されています。

こうした転倒事故では、子供を前に乗せていて転倒して、子供が頭や顔をケガする事例が多いです。子供にとって自分の身長よりも高い位置からいきなり地面に叩きつけられる衝撃は大きいものです。

さらに、子供を後ろの椅子に乗せたまま自転車を停車させて、目を離したスキに、子供が動いて転落するという事故もあります。

他にも後ろに乗せていて、子供が椅子の足を乗せる部分に足を乗せず、ブラブラさせていたので足を後輪に挟むという事故もあります。

ママチャリでさっそうと子供を送り迎えするイクママやイクメンは、日常的な風景ですが、その中でもちょっとした注意を怠ると、自分だけでなく、大事な子供も巻き込む事故につながります。さらにそこに他の人が巻き込まれるなら事態はさらに深刻です。

ママチャリといえどもメンテナンスや安全運転、安心できる自転車保険にあらかじめ加入するなどしっかりと対策を講じていきましょう。