ママチャリ自転車保険

安全なママチャリの選び方

安全基準マークのBAAマーク

安全運転と定期的なメンテナンス、子供用ヘルメットの着用は子供と一緒に自転車に乗る時に、子供の身を守るために大切な方法です。それ以外にも子供と乗っても安全な自転車を選ぶことも大切です。では安全なママチャリの選び方とはどんなものでしょうか?

安全基準を満たしているか。自転車には「BAAマーク」というマークがあります。これが貼ってあればその自転車は安全基準を満たしているということです。さらに「幼児2人同乗基準適合車」というマークがBBAマークの下に貼ってある自転車もあります。これは幼児が2人乗れるための安全基準を満たしているというマークですので、運転する自分を含めると合計3人乗れる、いわゆる「3人乗り対応自転車」のマークです。

さらに自転車についている機能にも注目できます。例えば「ハンドルロック機能」。自転車を停車しようとしたとき、前に乗った子供が動いて、または荷物の重さでハンドルがクルっとなり、バランスを崩して転倒するというケースがありますが、ハンドルロック機能があるとこの危険を回避できます。スタンドを立てると同時にロックがかかる、片手でロックを掛けられるタイプなどがあります。

また「低床フレーム」という構造の自転車にも注目できます。自転車をまたぎやすいよう、漕ぎやすいようにフレームが低く設計された自転車です。他の自転車よりも重心が低く、サドルも低めに設定でき、子供の乗り降ろしもラクにできます。

子供を乗せているとスピードを出すのを安全のために控えておこうという気持ちにもなりますが、その場合普通の自転車ならばあまり遅いと、自転車がフラフラするという別の危険も生じます。しかしこの低床フレームの自転車は重心が低いので低速走行でも安定します。

低床タイプの自転車は、タイヤのサイズも小さすぎると段差を超えるのが難しい、回転数が多くなりタイヤの減りが早いというデメリットもあるので、ある程度タイヤのインチサイズの大きいものを選べば運転の安全性と快適性を得ることができます。

安全な自転車選び、自転車保険の加入、定期的なメンテナンス、ヘルメットの着用と安全運転、これらをキッチリ押さえておけば子供の身を守りながら、自転車でのお出かけを楽しむことができるでしょう。